052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

750.子宮内に血腫ができたとき

妊娠初期に、
胎のう(赤ちゃんの入る部屋)の周りに、
血腫(血液の塊)ができてしまうことが
時々あります。

症状は、性器出血です。

血腫は、直径6cmぐらいになることもあり、
生理の2日目の多い量以上の出血には
特に要注意です。


生理2日目以上の出血があったとき、
バイアスピリンやバファリンを飲んでいたら、
原則、いったん服用中止です。


双子妊娠、子宮筋腫合併妊娠、
子宮奇形妊娠や、
頻回の流産手術後の妊娠、
については、
特に血腫が合併しやすいのです。


大きな血腫ができたときの生活は、
原則、安静です。

血腫の程度によりますが、
極端な安静や、
強力な止血薬物治療を
長くすると、

見かけの出血は減ります。

しかし、
子宮内に血腫が残ってしまい、
いろいろな副作用がでて、
かえって逆効果になることも
あるのです。

最終更新日: 2022年01月07日 14:54

Please publish modules in offcanvas position.