052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

754.PGT-A(Aランク)でも不成功

体外受精での妊娠、流産を繰り返され、

流産予防として、
PGT-A(受精卵の染色体検査)を受け、
Aランクの卵を移植したのに
再度流産された場合、

子宮内に原因がある可能性が
非常に高いですよ。


勇気を出して、
体外受精施設ではなく、
子宮の原因に特化した
医療機関
(不育症認定医、当院も含めて)を
受診されてはどうですか?


赤ちゃんを授かるために、
子宮内に原因があるかどうか、
専門的な
心身両面からの検査、治療をお勧めします。


抗リン脂質抗体を含めた
凝固系の検査・治療だけでは
不十分です。

EMMA、ALICE等の
子宮内フローラ(慢性子宮内膜炎)
検査・治療による
妊娠継続の効果については、
否定的な研究報告が多数あります。


基本的問題として、
受精卵は半分異物ですから、

同種免疫(母児間免疫)の異常と、
生殖ストレスの
複合的な原因が
多く存在しているのです。

最終更新日: 2022年03月08日 13:35

Please publish modules in offcanvas position.