052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

アスピリン

原因不明の不育症にアスピリン治療は効果がないばかりでなく、出血が起こりやすくなるため、かえって危険です、というお話です。また、アスピリン・ジレンマもあり、服用量にも注意が必要です、というお話です。

流産・死産予防薬としての、子供用アスピリン
(バッファリン81、バイアスピリン100)
の飲み方のポイントをお話しします。


抗リン脂質抗体陽性か、血栓性素因の方には、
子宮内の血栓予防効果により有効ですが、

それ以外の方には効果がないばかりか、
子宮内の血腫の原因となり、かえって危険です。


いつから飲むのかについては、
妊娠の可能性がある排卵日頃からか、
胚移植後が推奨されます。

妊娠中は、10人中1~2人ぐらいの割合で、
茶おり程度の少量の性器出血がありますが、

妊娠中、生理2日目ぐらいの多めの出血があれば、
飲むのを一旦中止することをお勧めしします。
そのまま飲み続けると、血種ができて
胎盤がはがれてしまう可能性があります。


いつまで飲むかについては、
原則、妊娠28週までです。

飲むのを中止するのは心配ですが、

日本の公文書である
医薬品情報としての添付文書(2021年版)では、
出産予定日12週以内の妊婦では、
「禁忌」 に指定されています。

その理由は
妊娠29週以降飲み続けると、
動脈管の早期閉鎖、分娩時出血の増加
につながる恐れがあるからです。

海外での大規模な疫学調査では、
妊娠中のアスピリン服用と、
先天異常児出産の因果関係は否定的だが、
長期連用した場合は、
難産、死産、新生児死亡等の危険が高くなる
恐れを否定できないとの報告です。

不育症と着床障害の治療のなかで、
バイアスピリンとバッファリンが
よく使われています。

同じ少量アスピリンですが、
バイアスピリンはアスピリンが100mg、
バッファリンは81mg含まれています。


両者の違いは、
量だけではなく、
溶ける場所が違います。

バイアスピリンは腸溶錠ですから、
主に腸で溶けますが、
バッファリンは主に胃で溶けますから、
胃に刺激性があります。

両者とも消化管出血、
消化管潰瘍等の副作用があり、
消化管を荒らしやすく、
出血しやすくなります。

子宮内の血栓が原因と疑われた場合、
パイアスピリン(バファリン)治療が
一般的ですが、

副作用として、
妊娠中に性器出血しやすいです。

私の経験では10人中1~2ぐらい
出血しています。

ただ、ほとんどの方は、
茶おり程度の出血で、
全く問題ありませんが、

目安として生理の2日目ぐらいの
多い量の場合は、
いったんパイアスピリンを飲むことを
中止したほうが良いと考えています。

バイアスピリンは中止しても、
血栓予防効果が完全になくなるまで、
約1週間あります。


ましてや、
妊娠中に大きな絨毛膜下血種ができたら、
迷わず、中止です。

飲み続けると、すごく危険です。


バイアスピリン(バファリン)治療は、
絨毛膜下血種を起こしやすいです。

ブログNo.525にも書きましたが、
低用量アスピリン
(バファリン、バイアスピリン等)は、
血液をサラサラにするお薬です。

必要かどうかわからないのに服用すると、

副作用として、
血が止まりにくくなるため、
後悔することもあります。

妊娠初期によくある少量出血が
大量出血となり、
あるいは絨毛膜下血腫となり、
自然流産してしまうことも
あるのです。


よくあるご相談のなかで、

「妊娠初期の少量出血のときに
バファリンを中止していれば
血腫にならずにすんだのではないか?」

と、悩まれている方がいらっしゃいます。


アスピリンは血小板にくっついたら
離れませんので、
一時服用を止めても、
血小板の寿命の約一週間は
効果がなくなるわけではありません。

Please publish modules in offcanvas position.