052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

759.子宮内膜症、子宮腺筋症、慢性子宮内膜炎は病的な炎症

正常な生理周期の子宮内膜の状態は
「生理的な炎症過程」 でもあります。

「炎症」 の基本的な検査は、
白血球の数です。


正常な女性の子宮内膜中の白血球数は、

排卵前と排卵数日後までは、
内膜細胞の10%弱ですが、

排卵後1週間頃より劇的に増加して、
妊娠初期には、
内膜細胞の約30%が
白血球細胞になっています。


子宮内膜症、子宮腺筋症、慢性子宮内膜炎は
病的な子宮内膜の炎症状態ですので、

白血球という免疫細胞が放出する
炎症性の物質を検査して
それが異常に増加していたら、

それを正常化することが、

不育症、着床障害の治療
になるのです。


なお、細菌感染は炎症の原因の
一部にすぎません。

 

ブログNo.487「妊娠子宮には白血球がいっぱい」
も参照してみてください。

最終更新日: 2022年04月05日 10:01

Please publish modules in offcanvas position.