052-733-2198
月・火・金 午前 10:00~13:00 午後 3:00~5:00/木、土は午前のみ

764.移植5日目には母児の交流あり

移植(胚盤胞)後の5日目頃には
すでに子宮胎盤循環(母児間交流)が
始まりまっているのですよ。


移植5日目までの発育が順調ならば、
胎児側細胞から出るβ-hCG
というホルモン(妊娠検査薬)が
血液検査ですでに検出できるのです。

移植(胚盤胞)後の10日目頃には、
早朝尿でも検出されます。
(これが一般的に言う妊娠検査薬)


生殖・発生学的に見れば、

移植後、胚が子宮内膜に接着する
最初の約4日間における
不成功の子宮側の原因は、
未だブラックボックスですが、

移植後5日目頃からの不成功
の子宮側の原因には、

「妊娠の同種免疫異常と
生殖ストレスの
複合的原因」

が高頻度に存在している
と考えられます。


生殖ストレスと同種免疫の
詳しい検査をしたうえで、

ストレスのよる子宮内細動脈の収縮を防ぎ、
ストレスによる子宮内免疫の異常を防ぐ
ことが最大の治療になると思います。

最終更新日: 2022年06月28日 18:57

Please publish modules in offcanvas position.