052-733-2198
月・火・金 午前 9:30~12:30 午後 3:00~5:30/木(第1除く)、土、祝日は午前のみ

(3). 検査と治療法は…

次の妊娠の際、それを維持するために「妊娠前から流産を予防する」のが不育症治療の考え方です。原因をさがし出す検査は欠かせません。

危険因子(原因)を見つけ出して予防するのが治療の基本
 不育症の治療は、危険因子を見つけ出して、それを予防するという「予防医療」が基本です。これはいわば生命保険の考え方で、危険や不安が大きいほど念のための保険金を高くしよう、つまり治療を過剰にしようというもの。それにはまず、検査で危険因子を見つけ出すことが重要です。検査の多くは血液検査ですが、予防医療ということもあり、健康保険がきかない項目も多いのが現状です。


100%流産に至る因子はほとんど存在しない
 不育症につながる先天的な因子は夫婦の染色体異常と子宮奇形で、それ以外の多くは後天的、偶発的に起こるものです。現在のところ「100%流産を引き起こす因子」はほとんどありません。子宮奇形でも約60%が手術せずに出産することができます。しかし多くの場合、危険因子は一つではなく複数あわせ持つのが現状。さらに心理的ストレスも加わり、治療が複雑になっているのです。


予防医療は過剰治療。グレーゾーンなら治療を
 予防治療は原則として過剰に行います。たとえば甲状腺ホルモン。内科の観点では母体の身体的に異常がなくても、検査上、潜在性機能低下と考えられれば、胎児への栄養補給のため積極的に治療します。これが過剰治療の意味です。不育症の場合、妊娠がわかると不安と緊張が強くなりますので、妊娠前から精神の安定にとり組むことも予防治療の一つといえます。
最終更新日: 2018年11月19日 21:14

診療案内

交通アクセス はこちら

 
午前 9:30~12:30
午後 3:00~5:30

ご相談窓口

詳細はこちら

E-MAIL
メールはこちらから
(24時間年中受付)

頻度が高い相談内容を紹介しています。よくあるご相談をご参照ください。
受診を希望される方は、ご予約についてをご覧ください。

再診について はこちら

初診予約システムのご利用には予約番号が必要です。予約番号をお持ちでない方は初診案内をご覧のうえ、お申し込みください。